2016年1月18日

「総合資料学」に向けて





















近日中に国立歴史民俗博物館のウェブサイトで広報が始まります。私も博物館資料の研究活用の一例(民族資料の残存デンプン粒分析)をお話します。

---
公開シンポジウム「資料がつなぐ大学と博物館」

日時:2016年2月27日(土)10:00-17:30
会場:フクラシア東京ステーション
参加費:無料

*お問い合わせは国立歴史民俗博物館まで。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿