2017年6月12日

日本文化財科学会第34回大会


6月10日・11日,東北芸術工科大学で開催された日本文化財科学会第34回大会に参加,ポスター発表を行いました。

私は総合資料学で進めている古文書料紙の分析調査について報告しました。


渋谷綾子. 2017. デジタルマイクロスコープによる古文書料紙の検討:「総合資料学」における文理融合型研究の試み. 日本文化財科学会第34回大会研究発表要旨集. pp.136-137, 日本文化財科学会.

多くの参加者から質問や意見をいただいたのみならず,学会表彰としてポスター賞をいただきました。

総合資料学のプロジェクトで,また,始めたばかりの紙の調査で賞をいただきましたので,国立歴史民俗博物館の総合資料学を文化財科学の学会に少しでもアピールできたのではないかと考えます。関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

2017年5月30日

農業学の過去,現在,未来

本日,私は国立科学博物館で開催された下記会議に参加しました。


日時:2017年5月30日(火)13:00-17:00
会場:国立科学博物館

 










今日の私の心に強く残ったのは,縄文時代や植物考古学とともに,「ポスト真実」という言葉と絶対半寄生植物です。このような研究が日本の考古学者たちを日本の考古学の国際化の道へと導くのではないかと感じました。

2017年5月19日

縄文ブック―北海道・北東北の縄文遺跡群―

北海道・北東北の縄文遺跡群に関するPDFファイルが下記のウェブページで公開されています。ただし,日本語版でのみダウンロードできます。少し変更されるとよいのですが…

縄文ブック―北海道・北東北の縄文遺跡群のページ

日本語版はこちら(10MB)
英語版はこちら(7.39MB)