2016年1月4日

第8回世界考古学会議京都大会:2つのセッション

第8回世界考古学会議京都大会(WAC-8 Kyoto)で受理されたセッションは下記2件です。概要はどちらもこちらで見られます。 

T10-P Multi-proxy evidence for reconstructing ancient diets and foodways
  オーガナイザー:渋谷綾子,オリバー・クレイグ(英国ヨーク大学)
T10-S Food, cuisine and diet: integrating method and theory
  オーガナイザー:渋谷綾子,オリバー・クレイグ(英国ヨーク大学),庄田慎矢(同) 

後者T10-Sは下記5つのセッションとの協働で実施する「一般セッション」です。
  • T05-C The Impact of Human (Homo sapiens) on Prehistoric Island Environments: Global Perspectives
  • T05-H Food, Identity and Choice: using diet to explore past social change
  • T10-K Skeleton keys: How human remains research contributes to our understanding of the past
  • T10-M Anthropic Markers of Plant-related Activities: Archaeobotany 2.0
  • T10-P Multi-proxy evidence for reconstructing ancient diets and foodways
発表受付は1月15日から開始されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿