2015年6月1日

ライデン2日目

AWRANA2015の2日目,28日(木)。

この日16:30から私は研究発表を行いました。所属セッションは「Microwear and Residue Analysis in Southeast Asia and the Pacific – The Impact of Cultural and Environmental Adaptation to Tool Use」で,発表タイトルは「What Did People Eat in Prehistoric Japan? Evidence from Starch Granles of Stone Tools and Pottery Vessels」です。

同じ時刻に「Connecting wear traces, residues, lithics and human evolution」など2つのセッションが行われていたため,参加者は多くありませんでしたが,いろいろな質問や意見が出て議論が終了時刻の18時以降も続けられました。

0 件のコメント:

コメントを投稿