2014年5月3日

語りの実践

DIC川村記念美術館へ行ってきました。目的は「コレクションは語る」です。






 




美術館に入る前の一コマ。視線の先は小さい人。大きな声で一緒に合唱していました。






 「コレクションは語る」は,ことばをキーワードとして作品と鑑賞者をつなぐ試みがされています。
面白かったのは,「言葉とイメージ」と「美術館の国のアリス」のコーナーです。ことばが目に見える,そんな印象を受けました。

---
美術館を出た後はクルメツツジ Rhododendron obtusum を見に行きました。ツツジの絨毯は圧巻です。



 








フジ Wisteria floribunda は花が終わりつつあります。



 








屋台がいくつか出ていたので,そこで昼食をとりました。玄米と無農薬野菜を使ったタコライスとしそジュースです。






 





別の店では珍しいものを見つけました。こごみ Matteuccia struthiopteris のピクルス。







美術館も自然散策路もたくさんの見所があり,新緑の季節を存分に楽しめた1日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿