2012年11月13日

現生標本の参考文献

現生標本の参考として下記文献を入手しました。
  • 藤本滋生・黒木千絵・菅沼俊彦・永浜伴紀. 1986. イヌムギ,カモジグサ,マカラスムギの澱粉について 澱粉科学 33 (4): 253-257.
  • 村元由佳利・大谷貴美子・稲村真弥・杉本温美・岩城啓子・饗庭照美・冨田圭子・松井元子. 2010. クズ(Pueraria lobata)でんぷんの湿熱処理に伴う調理科学的特性の変化. Trace Nutrients Research 27: 1-6.
本日観察した標本はニラ(Allium tuberosum Rottler ex Spreng.)とアオカモジグサ(Elymus racemifer (Steud.) Tsvel.)です結果として,どちらもデンプン粒が見つけられませんでした。後者は再度標本を作る予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿