2012年11月26日

第27回日本植生史学会大会・巡検

11月22日(木)は今泉記念館で土器付着物の試料採取を行い,23日(金)~25日(日)は第27回日本植生史学会大会と巡検に参加しました。

学会では個人と共同研究の2件を発表しました。
  • 渋谷綾子 現生鱗茎・根茎類のデンプン粒における形態学的特徴―残存デンプン粒の同定をめざして
  • 上條信彦・渋谷綾子・山本直人 北陸の縄文後・晩期遺跡から出土した石器と土器付着物の残存デンプン粒
巡検は佐渡島にある新潟大学の演習林へ行き,林齢500年を超えるスギの天然林を中心として,佐渡の生物相について学びました。


 





大野亀












天然スギ 
Cryptomeria japonica


スギをはじめ,佐渡島の多様な植物に触れることができ,参加者全員が大満足した巡検でした。巡検の内容については,次号の植生史研究に報告される予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿