2012年10月28日

講演会→研究会→土偶展

10月26日(金)
みんぱく公開講演会 「だから人類は地球を歩いた―太平洋へ アメリカへ」



人類の大移動がどのような背景でおこったのか,オセアニアとアメリカの考古学の研究成果にもとづいた講演会です。

「目的をもって移動した」 だけでなく,「意図しない移動もあった」という論点,その結果,新しい事態に直面し,新しい文化的能力が生まれたというお話は大変興味深いものでした。

 


10月27日(土)
第228回近江貝塚研究会 「顕微鏡で探る過去の痕跡」
報告1 真邉 彩氏(鹿児島大学)
報告2 河本 純一氏 (大阪府文化財センター)

10月28日(日)
ミホミュージアム MIHO Museum 秋季特別展「土偶・コスモス」  



通常では見学することが難しい資料も多数展示されており,縄文人のパワーに圧倒されました。

展示の詳細はこちらまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿