2012年9月20日

現生標本:細胞の中のデンプン粒

キャッサバ Manihot esculenta Crantz
















考古資料からこのようなものが検出されたら,多くの事象が復元できるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿