2012年6月20日

雑穀研究

本日,下記論文が掲載された「雑穀研究」が届きました。

昨年の研究会での発表内容にもとづいたものです。同じ号には,縄文時代晩期末の雑穀やアワ果の表面構造の検討など,さまざまな研究成果が報告されています。

渋谷綾子. 2012. 日本における残存デンプン粒分析の現状と課題. 雑穀研究 No. 27: 1-9.

0 件のコメント:

コメントを投稿