2010年2月17日

和歌山行き

昨日,和歌山市立博物館で資料調査をしてきました。

来年度の展示会で和歌山県内の縄文時代遺跡から出土した石器が扱われるとのことで,それらの石器に残存デンプン粒があるのかどうかを調べるためです。

年度末にかかるため,資料数は6点といつもより少ないですが,敲石を中心に試料を採取しました。

これらの石器に残存デンプン粒が付着していて,多く検出されるのかどうか,楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿