2009年6月17日

デンプン分析の報告

下記は,報告書所収のデンプン分析です。
  • 上條信彦. 2008. 「カラカミ遺跡出土磨石類の使用痕分析および残存デンプン粒分析」『カラカミ遺跡』((宮本一夫編), 125-130. 九州大学大学院人文科学院考古学研究室, 福岡.
来年は,発掘調査報告書での分析報告が少し増えるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿