2009年3月12日

景観ワークショップ

総合地球環境学研究所で開かれたワークショップに行ってきました。

東アジア内海の新石器化と現代化―景観の形成史―」プロジェクト(通称NEOMAP,代表:内山純蔵氏)の主催する「新石器化から現代化へ」というものです。

今回のワークショップのテーマは,「新石器化から見た現代化へ」,「内海の文化的機能」,「精神的景観の創造」と3つあり,12日は1番目のテーマにもとづいたものでした。

13日も引き続き,ワークショップが行われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿