2008年12月26日

最近読んだ論文3本

すべて『Journal of Archaeological Science』に掲載されています。
  1. Hardy, K., Blakeney, T., Copeland, L., Kirkham, J., Wrangham, R. and M. Collins. 2009. Starch granules, dental calculus and new perspectives on ancient diet. Journal of Archaeological Science 36: 248-255.
  2. Henry, A. G., Hudson, H. F. and D. R. Piperno. 2009 (in press). Changes in starch grain morphologices from cooking. Journal of Archaeological Science.
  3. Sievers, C. and L. Wadley. 2009 (in press). Going underground: experimental carbonization of fruiting structures under hearths. Journal of Archaeological Science.
1は古人骨の歯から残存デンプンを検出した事例、2は現生植物のデンプンを変質させる実験、3は炭化物の生成実験を扱ったもの。

特に、2の論文は「Cooked Starch Image Database」に言及しています。このデータベースでは、多種多様な変質したデンプンの写真を見ることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿