2008年8月10日

SPP2日目

SPP2日目。今日は石器(磨石と凹石)からサンプルを採り,偏光顕微鏡で観察しました。今回の参加者は8つの班に分かれていましたので,全部で8点の石器を分析しました。

 サンプルのプレパラート作り

顕微鏡観察の結果,3つの班の石器から残存デンプン粒が検出でき,他の班の石器からは検出できませんでした。

分析が終わった後,各班で実習の結果をまとめ,参加者全員で発表会を行いました。残存デンプンを検出した班はデンプンの特徴を発表し,見つからなかった班はなぜデンプンがなかったのか,彼女たち自身で理由を考えて発表しました。

こちらの予想以上に,参加した高校生たちは論理的に自分の考えをまとめて発表していました。発表の様子をみていると,今回の実習を楽しんでくれたようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿