2007年4月5日

メモ:高校世界史

この4月から高校で世界史を教えることになりました。

今は授業準備を進めていますが、自分の高校時代と比較すると、教科書も図説も内容が充実しています。


先史時代の遺跡分布や農耕の起源・伝播なども詳しく解説されていますので、比較的新しい研究内容が反映されているのでしょうか。

そういうわけで、ようやく下の本を読みました。

藤本強 『ごはんとパンの考古学』

0 件のコメント:

コメントを投稿