2006年10月3日

発刊:日本初の残存デンプン研究報告

『新潟県立歴史博物館研究紀要』第7号*

ピーター・マシウス、西田泰民「残存デンプン分析の先行研究と目的」
渋谷綾子「日本の現存植物を用いた参照デンプン標本」
渋谷綾子、ピーター・マシウス、鈴木忠司「旧石器時代石器資料の残存デンプン標本」
西田泰民「炭化物の生成実験」
吉田邦夫「炭化物の安定同位体分析」
鈴木忠司、竹内直文、礫群調理実験グループ「石蒸し調理実験記録6)」
宮尾亨、宮内信雄「石皿の変化と植物質食料」
渋谷綾子、西田泰民「附:参照デンプン試料について」

*すべて英文サマリー付の日本語論文です。

0 件のコメント:

コメントを投稿