2009年5月30日

日本文化人類学会

日本文化人類学会第43回研究大会5月29日(金)から開催されています。同じ日程で日本考古学協会第75回総会が開かれていますが,今回は文化人類学会のスタッフとして活動中です。

会場の係をしているため,担当会場の研究報告を聞くことができますが,本日のセッションの中では,文化遺産についての問題提起や研究報告を最も興味深く感じました。特に,発表者が提示した「世間遺産」という考え方は,考古学の研究にも通じると思いました。

明日も引き続き研究発表や記念講演が行われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿